メトリクス

Understandのメトリクス

ソフトウェアメトリクスは、ソフトウェアの品質を定量的に評価するものとして、多くの開発現場で利用されています。

Understandは、ソースコードを解析し、100種類に及ぶソフトウェアメトリクスを計測、レポートします。また、2種類のメトリクス値を視覚的に表現するメトリクスツリーマップやプロジェクトのメトリクス値をグラフ化するプロジェクト概要グラフが用意されており、プロジェクトのメトリクスの全体像を捉えるのに役立ちます。 Understandによるメトリクス分析結果から、ソースコードの品質を確認できます。

Understand のメトリクス一覧

メトリクスツリーマップ

メトリクス値をコードの大きさや色の濃さによって可視化します。マップ内の四角はコードファイルを表しており、大きさでコードサイズを表現し、色の濃さでメトリクス値を表現します。メトリクスツリーマップの粒度や四角の大きさにマップするメトリクス、色の濃さにマップするメトリクスは事前に任意のものを指定できるので、さまざまなメトリクスを大きさと色に結び付けて表現することで、コードのいろいろな面を視覚化するのに役立ちます。

右図では、Understandにサンプルとして付属のzlibプロジェクトにおいて、コード行数を四角の大きさ、Cyclomatic 複雑度の最大値を色の濃さに設定した例になります。

プロジェクト概要グラフ

Understand では、プロジェクト全体の概要についてのグラフを作成することができます。作成されるグラフは、コードの内訳、関数の内訳、クラスの内訳、複雑な関数、巨大なエンティティ、巨大なファイル、巨大な関数、コードに対するコメント比率が適切なエンティティ、および複雑なファイルです。

これらのグラフを PNG、JPEG、または BMP の画像ファイルとして保存したり、グラフの元データをクリップボードにカンマ区切り(CSV)、タブ区切り、または表形式でコピーして再利用することができます。

コードボリューム

総行数、空白行数、コード行数、コメント行数などをグラフと数値で表示します。

平均複雑度

Cyclomatic 複雑度(サイクロマチック複雑度)の平均、最大、制御構造の最大ネストレベル値などをグラフと数値で表示します。

プロジェクト概要チャート(関数の内訳)

publicやprotected、globalなどの関数の割合をグラフでレポートします。

プロジェクト概要チャート(複雑な関数)

Cyclomatic複雑度(サイクロマティック複雑度)が高い関数のワースト5についてグラフと数値でレポートします。

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top