構造把握

関連する課題と原因、Understandを用いた構造分析の実施方法をご紹介します。

 課題

  • 他の人が書いたソースコードを理解するのに時間がかかる
  • 部分的な改修や不具合修正といったスポット対応が多い
  • ドキュメントが古いため、ソースコードを読まなければ仕様が分からない

 原因

アーキテクチャ設計が適切になされていない
例:設計者以外がアーキテクチャを理解できていないため、構造を把握することが難しい
構造を理解するための材料が乏しい
例:開発担当者が頻繁に変更されるため、ドキュメント・ソースコードコメントがメンテナンスされていない
コードの可読性が低い
例:何年にも渡ってメンテナンスされたレガシーなコードである

 解決策

コードの構造を可視化し、構造・仕様を把握します。

  1. モジュール(ディレクトリ)間の関係を確認する
  2. クラスの仕様を確認する
  3. 関数の処理フローを確認する
  4. 構造体・共用体の仕様を確認する

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top