複雑度の高い関数を確認する

ポイント

  • 複雑度が高い関数を 確認

Understandの利用

Understandでは、複雑度やコード行数といったメトリクスの値に応じたレポートを出力します。解析性・理解性・保守性を低減させる要因となる、複雑度が高い関数を 重点的にレビューできます。以下の例では、左から「Cyclomatic 複雑度が 20を超える関数を抽出」、「Essential 複雑度が 10を超える関数を抽出」、「コード行数が100行を 超える関数を抽出」した結果を表示したものになります。

  

操作方法
  1. [レポート]メニューから、[プロジェクト インタラクティブ レポート]-[Complex Functions] または、[Large Functions]を選択します。
  2. Complex Functionsでは、Cyclomatic / CyclomaticStrict / CyclomaticModified / Essentialからレポート対象とする複雑度のメトリクスを1つ選択し、Thresholdにレポートの条件とする閾値とする値を入力します。その後、[OK]ボタンを押下することでレポートが表示されます。
  3. Large Functionsでは、CountLine / CountLineCode / CountLineCodeExe / CountStmt / CountStmtExeからレポート対象とする複雑度のメトリクスを1つ選択し、Thresholdにレポートの条件とする閾値とする値を入力します。その後、[OK]ボタンを押下することでレポートが表示されます。

※メトリクスの詳細については、メトリクスの一覧を参照ください。

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top