コードレビュー

関連する課題と原因、Understandを用いたコードレビューの実施方法をご紹介します。

 課題

  • 重点的にレビューすべきソースコードを絞り込みたい
  • コードレビューの準備に時間がかかる
  • ソースコードを定量的に評価したい

 原因

  • レビューの範囲が開発者の経験や勘で決められており、属人化している。

 解決策

複雑度や行数などのソースコードの定量的な値を用いてコードレビューの範囲を決定します。

  1. 複雑度の高い関数を確認する
  2. 複雑な関数の分布度合いを視覚的に確認する

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top