ユースケース

開発における Understand の様々な利用方法を、ユースケースで紹介します。

構造把握

構造把握とは、ソフトウェアの構造や仕様を把握することです。

例えば、ドキュメントが残されていないソフトウェアに対して部分的な改修や不具合対応を行う場合、変更を行う前にソフトウェアの構造をソースコードから読み解かなければなりません。目視によるソースコードの確認は、ミスが起こりやすく手間がかかります。

ここでは、Understandのソフトウェアを可視化する仕組みを用いた実践的な構造把握の方法をご紹介します。
Read more...

影響分析

影響分析とは、変更を行う(行った)箇所がソフトウェア全体にどのような影響を与えるかを明らかにし、変更の範囲やテストの範囲を特定する分析手法のことです。

例えば、何年にも渡ってメンテナンスされたレガシーなコードや、自身が担当していないコードを修正するような場合、影響分析を行うことで、変更のコストを削減しつつ、ソフトウェアの品質を維持することができます。

ここでは、Understandを用いた実践的な影響分析の方法をご紹介します。
Read more...

コードレビュー

コードレビューとは、ソフトウェアの開発工程のひとつで、ソースコード上の誤りを検出し修正することです。

ソフトウェアを構成する全てのソースコードをレビューするためには、多くの時間が必要となります。そのため、開発現場ではレビューを行う範囲を独自に絞り込むことで、より少ない時間でレビューを実施します。独自に絞り込んだ範囲を用いたレビューでは、レビューが属人化してしまうケースや、範囲自体に不備があり誤りが検出されないケースありえます。

ここでは、Underestandを用いたレビューすべきソースコードの特定やソフトウェアの定量的な評価の方法をご紹介します。
Read more...

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top