依存関係

ここでは、Understandの持つ依存関係グラフや依存関係ブラウザーについて記載します。UML Class Diagram、関数やメソッドの呼び出し/被呼び出し関係などについてはグラフィカルビューをご参照ください。

依存関係グラフ

Understandはアーキテクチャ全体の階層や単に1つ下の階層を示すグラフを生成することができます。

依存関係グラフでは、拡大やハイライト、そしてそれぞれのノードの矢印を制御することにより、表示をカスタマイズすることが可能です。このカスタマイズを利用して、子ノードとその参照先をより見やすい表示へ変更します。

たとえば、下記左のグラフではzlibの全体の依存関係を表示させています。一方で、下記右のグラフでは、表示させるノードを限定しています。さらに、zlibcontribが依存しているファイルについては矢印を青く、zlibcontribが依存されているファイルについては矢印を赤く表示させています。

依存関係ブラウザー

通常、依存関係を把握するためには、プロジェクト内のすべての参照を調べ、その後、すべてのファイルおよびアーキテクチャのデータ構造を確認します。この作業により、やっと依存関係の性質や依存性の原因となる参照を把握することができます。

Understandでは、このような手作業を行わずに、効率よく参照関係やデータ構造を理解することができます。また、ファイルやアーキテクチャ、特定のエンティティを表形式でエクスポートすることができます。

Understandでは以下の点において、依存関係に関する優れた機能を提供します。

  • ファイルの依存関係を高速にブラウジングし、アーキテクチャを理解する
  • ファイルやアーキテクチャの「依存」をリスト化する
  • 依存関係を表形式でエクスポートする
  • すべての依存関係の情報を表示する(依存関係ブラウザー)

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top