コードナレッジ

情報ブラウザー

エンティティフィルターのリストやグラフィカルビューのダイアグラムなどで、エンティティをクリックすると、変数、呼び出し、呼び出し元、グローバル変数といったエンティティに関連する情報が情報ブラウザーに表示されます。

エンティティの詳細情報を表示
たとえば、C/C++の関数の場合、定義場所、フルパス名、関数パラメーター、変数、呼び出し/呼び出し元、使用しているグローバル変数/マクロなどの情報を一覧表示します。
階層化されたリファレンス情報はツリーで表示
呼び出し/呼び出し元しなどの階層構造を持つリファレンス情報は、階層がツリー表示されます。ツリーを展開することで、さらにその先の呼び出し関係などを簡単に確認できます。
関連エンティティをグラフィカルビューで表示
情報ブラウザーから、Calls / Called By (関数の呼び出し / 被呼び出しグラフ)やButtefly (バタフライグラフ)といったグラフィカルビューを開き、そのエンティティの情報を確認できます。
関連エンティティやソースコードへワンクリックでジャンプ
情報ブラウザーに表示されているエンティティ名やリファレンス情報は、ワンクリックで関連エンティティやソースコードにジャンプできます。
戻る・進むボタンでブラウジング
Webブラウザーのように、戻る/進むボタンで、表示内容の履歴を簡単に追うことができます。
情報ブラウザー内検索
情報ブラウザー内で文字列の検索が可能です。折りたたまれて表示されていない情報も含めて検索されます。

コンテキスト情報

コンテキスト情報サイドバーでは、ユーザーへさまざまな情報を通知します。ソースコードをエディター上で確認したり修正したりする際、このサイドバーにはユーザーがフォーカスしているファイルや関数などについて、コードを理解しやすくするための情報を表示します。ユーザーは対象のファイルや関数をわざわざ指定する必要はなく、エディタ上で目的のファイルを開き、関数にフォーカスを移動するだけで自動的に情報が表示されます。

ファイルコンテキスト
Understandのエディター上にて、現在開いているファイルの関数やマクロ、オブジェクト(変数など)の情報を表示します。
スコープコンテキスト
Understandのエディター上にて、現在のカーソルの位置のスコープ(関数内、グローバルなど)のさまざまな情報を表示します。

コマンドラインを用いた自動化

Understandのコマンドラインツールでは、Understandプロジェクトファイルの生成や構文解析、レポートの作成を行います。コマンドラインツールを用いることで、複数のプロジェクトのUnderstandプロジェクトファイルやメトリクスレポートの自動生成が実現できます。

Understandを導入した多くのお客様は、Understandを通常のビルドプロセスの一部として利用しており、ビルド終了時にUnderstandプロジェクトファイルの更新やコードメトリクスの自動エクスポートを実現しています。Understandをビルドプロセスに組み込むためにはコマンドラインを1行記述するだけです。

ユーザーツール

ユーザーツールを用いることで、Understandを離れることなく、外部のツールや他のアプリケーションへアクセスすることができます。ユーザーツールには非常に多くのオプションが搭載されており、バージョン管理のコマンドやビルドの開始、外部アプリケーションの起動などによく利用されています。

API

Understandは、Understandのデータベースへアクセスが可能な、PERLやPythonのAPIを搭載しています。独自のレポートの生成やUnderstandの標準機能ではまだ提供されていない情報を取得する際は、このAPIを通じて必要な情報へアクセスします。

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top