Eclipse プラグイン

機能

Understand の Eclipse プラグインを利用することで、Eclipse 上で以下の Understand のエンティティフィルター、情報ブラウザー、メトリクスツリーマップ、グラフィカルビュー(Calls, CalledBy, Buttefly, Control Flow)といった機能を利用することができます。Understand GUI と同様に、各グラフィカルビューから、該当コードにジャンプすることもできます。

Eclipse Plugin Overview

インストール

  1. Eclipse 4.2 以降と、Understand 3.1 (build760) 以降をインストールします。
  2. PATH環境変数に、Understand へのパスを追加します。(例:C:\Program Files\Scitools\bin\pc-win64)
  3. Eclipse を起動し、メニュー[ヘルプ]-[新規ソフトウェアのインストール]をクリックします。
  4. [追加]ボタンをクリックし、以下のリポジトリ設定を追加します。
    名前: Understand
    ロケーション: http://eclipse.scitools.com/eclipse_plugin/
    Add Repository

  5. [OK]ボタンをクリックします。
  6. “必須ソフトウェアを検索するためにインストール中にすべての更新サイトに接続する”オプションにチェックが入っていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックし、インストール作業を継続、完了します。
    Install Plugin
  7. インストールが正常に完了すると、Eclipse に “Understand” メニューが追加されます。
    Understand Menu
  8. Understand プロジェクトのオープン

    Understand プラグインを利用するためには、Understand プロジェクトをオープンする必要があります。[プロジェクトエクスプローラー]ウィンドウなどから、該当プロジェクトを選択し、右クリックメニューから[Understand]-[Understand プロジェクトを作成する]をクリックし新規プロジェクトを作成するか、[関連する Understand プロジェクトを開く]で作成済みのプロジェクトをオープンします。(関連する Understand プロジェクトの設定は、[プロジェクト]-[プロパティ]の”Understand”から変更することができます)
    Create Understand Project

    Understand プロジェクトをオープンすることで、エンティティフィルターや情報ブラウザーなどの各機能を利用することができるようになります。

    トラブルシューティング

    メニューバーに[Understand]メニューが表示されない場合
    Understand の Eclipse プラグインは、Understand インストールディレクトリ上の幾つかのライブラリを使用します。PATH環境変数に Understand へのパス(例:C:\Program Files\Scitools\bin\pc-win64)が正しく設定されていることを確認してください。
    また、利用している Eclipse と Understand のアーキテクチャ(32bit/64bit)が一致していることを確認してください。
    さらに、Understand Eclipse プラグインのバージョンと、Understand のバージョンが対応していることを確認してください。Understand Eclipse プラグイン 1.1.0 に対応する Understand のバージョンは、3.1 (build760) 以降です。

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top