インクルード/マクロ設定について

はじめに

Understand で C/C++ コードを解析する場合、以下に挙げる内容を設定することで、より正確な解析が期待できます。

未解決インクルードの解決

解析時に未解決のインクルードが見つかった場合、[プロジェクト]-[プロジェクトの設定]-[C++]-[インクルード] から、未解決インクルードの検索と設定をおこなうことができます。

未解決マクロの解決

解析時に未解決のマクロが見つかった場合、[プロジェクト]-[プロジェクトの設定]-[C++]-[マクロ] から、未解決マクロの検索と設定をおこなうことができます。

ファイルタイプの設定

[プロジェクト]-[プロジェクトの設定]-[ファイルタイプ] から、各拡張子のファイルをどの解析モードで解析するのか、設定することができます。

例えば、初期設定では、拡張子”*c”,”.h”は「C言語」として解析するよう設定されていますが、C++言語で拡張子”*.h”を使用している場合には、”*.h”を「C++言語」として解析するよう設定を変更します。

ファイルエンコーディングの設定

[プロジェクト]-[プロジェクトの設定]-[ファイルオプション] から、プロジェクトで使用するファイルのエンコーディングを指定します。初期設定では “System” エンコーディングが指定されています。

Fuzzy モードでは、多くの場合 “System” 設定のままで問題ありませんが、Strict モードで解析をおこなう場合には “System” ではなく、”Shift_JIS” や “EUC-JP” など、使用しているエンコーディングを明示的に指定してください。

オプションの設定

[プロジェクト]-[プロジェクトの設定]-[C/C++]-[オプション] から、各種オプションを設定することができます。

Fuzzy モードの場合には、”コンパイラ”を指定することで、各コンパイラで定義されているマクロ・型などを解析結果に反映させることができます。
Strict モードの場合には、解析対象のコードの”ターゲット”, “言語規格”を適切に指定してください。

About Understand

100万行を2分で解析できる「Understand」は、関数や変数、ファイルといったさまざまな要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートしてくれる最良のツールです。
10年来開発が続く古いソースコードであっても、数百万行に達する大規模なソースコードであっても、扱いが難しいソースコードであればあるほど「Understand」はその真価を発揮します。

Free Trial !

簡単な登録で、インストールから 15 日間、Understand のすべての機能を利用できる、無料体験版をダウンロードいただけます。

体験版をダウンロード

Back to Top

Top